2021年 ビジネスパーソンが持っておくべき
デジタルリテラシー

スペシャルコンテンツとして、みずほフィナンシャルグループのデジタル人材育成事例に関する記事を公開

「マナビDX」において、「DXリテラシー標準」などに基づき、講座を絞り込み検索できるようになりました(2022年7月1日)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が運営する、デジタル人材育成プラットフォーム「マナビDX」において、「DXリテラシー標準」などに基づき、講座を絞り込み検索できるようになりました。

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が、大人の学びパターン・ランゲージ(略称まなパタ)を公開(2022年6月1日)

2018年度から継続的に実施しているスキル変革等に関する調査から、大人になってから学んでいない方が多いという結果が浮き彫りになりました。そこで、大人が学ぶためにはどのように取り組めばよいか「考えるヒント」をパターン・ランゲージ(※)として、30のパターンで整理しました。 「大人の学びパターン・ランゲージ(略称まなパタ)」は、学び続けている実践者の方々にインタビューでお話を伺い、その考え方や工夫、課題を整理し、抽象化することによって制作しています。

※パターン・ランゲージ:成功している事例やその道の熟練者に繰り返し見られる 「パターン」を抽出し、抽象化を経て言語化して共有するための手法。

経済産業省と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が、デジタル人材育成プラットフォーム「マナビDX」を開設 (2022年3月29日)

経済済産業省と独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、デジタル人材の育成を推進するため、デジタル知識・能力を身につけるための実践的な学びの場として、ポータルサイト「マナビDX」を開設しました。

ポータルサイトでは、デジタルスキルを学ぶことができる学習コンテンツを紹介するとともに、デジタルリテラシー協議会が参画する検討会にて策定された、すべての社会人が身につけるべきデジタルスキルを示した「DXリテラシー標準」も公開されました。

サイトリニューアルを行いました。

今後の情報発信強化に向けて、本サイトのデザインをリニューアルいたしました。

「Di-Lite」の新ロゴデザインや、プロジェクトアイコンの公開・配布や、デジタルリテラシーに関するコンテンツの拡充を図るとともに、当協議会の取り組みへの賛同団体・企業の名称公開を行いました。

10/11開催「IPAデジタルシンポジウム2021」セッションレポートを公開

2021年10月11日(月)「IPAデジタルシンポジウム2021 ~DX:その一歩を踏み出そう~」にて行われた、協議委員5名によるキーノートセッションの模様をプレスリリースしました。

詳細はこちらにてご確認ください。

【テーマ】DX推進になぜデジタルリテラシーが“今”重要か?~DX戦略論と育成について~
2021年4月の発足以来、DX推進リーダーへのインタビューや各団体とのリテラシー議論を通じて我が国のデジタル化推進に必要なデジタルリテラシーについて検討してきたデジタルリテラシー協議会の協議委員が、デジタルリテラシーへの着手が“今”なぜ重要か、デジタルリテラシーとは何か、誰のためのものか、身につければどんな変化が起こるのか、DX戦略を踏まえながら論じ、DX推進担当の方はもちろん、個人でリテラシー向上を考えている方に、さらに理解を深めていただくためのパネルディスカッションを行いました。